豚丼

豚丼

食肉加工卸会社直営の炭火焼豚丼専門店「豚丼一番ぶたいち本店」へ行ってきました

「豚丼一番ぶたいち」は、帯広出身の店主が10年かけて完成した自慢の帯広豚丼が味わえる食肉加工卸会社が直営の炭火焼豚丼専門店です。自慢の道産豚肉を炭火でタレが燻され、そしてじっくり焼き上げられた香ばしい豚丼です。
豚丼

帯広豚丼専門店「豚丼のはなとかち」に行ってきました

豚丼のはなとかちは、厳選した北海道産豚ロースとばら肉を、北海道の地酒や純粋蜂蜜を使い甘さを調整した自家製タレで熟練の職人が1枚1枚丁寧に網焼きした帯広豚丼が味わえる帯広市大通り南12丁目の豚丼専門店です。
豚丼

ソラチの豚丼専門店「十勝豚丼いっぴん帯広本店」に行ってきました

十勝豚丼いっぴん帯広本店は、新緑通沿い、MEGAドンキホーテ西帯広店の向かいにあるタレでおなじみのソラチが運営する2001年4月オープンの豚丼専門店。いっぴんと言えば、備長炭を使用した炭火でこだわりの重ね焼き。タレをつけて焼き、焼いてまたタレをつける。更に熱々のタレにつけて肉にしっかりタレの旨さをからめています。炭火で焼いた豚肉が独特の香ばしさがジュワーッと口の中に広がります。
豚丼

帯広駅構内の「豚丼のぶたはげ帯広本店」に行ってきました

1934年(昭和9年)創業の帯広はげ天グループの豚丼専門店「豚丼のぶたはげ」。JR帯広駅構内エスタ帯広西館1Fに「豚丼のぶたはげ本店」があります。ぶたはげは、豚丼誕生から伝統の味を守り続けた秘伝のタレ、そして豚丼に使われている豚ロース肉は市販されることがない一級品の道産豚を850℃の高温で網焼きしている豚丼専門店。
豚丼

帯広駅前の「元祖豚丼のぱんちょう」に行ってきました

帯広・十勝の豚丼の代名詞とも言われる1933年(昭和8年)創業の「元祖豚丼ぱんちょう」。豚肉の極上ロースを炭で網焼きし、代々継がれる秘伝のタレで仕上げた味が美味しい。ぱんちょう創業者の阿部秀司さんが考案された老舗の帯広系豚丼(帯広豚丼)で、地元民からオススメの豚丼として名前が挙げられる豚丼店のひとつ。
タイトルとURLをコピーしました