帯広豚丼専門店「豚丼のはなとかち」に行ってきました

豚丼のはなとかち

豚丼のはなとかちは、厳選した北海道産豚ロースとばら肉を、北海道の地酒や純粋蜂蜜を使い甘さを調整した自家製タレで熟練の職人が1枚1枚丁寧に網焼きした帯広豚丼が味わえる帯広市大通り南12丁目の豚丼専門店です。

はなとかちでは、ロースとバラ肉を半々味わえる山わさびのきいた一番人気の「半ばら豚丼」と、厳選した道産豚ロース肉を使用した「豚丼」の2種類が味わえます。

スポンサーリンク

帯広駅徒歩7分に位置する「豚丼のはなとかち」

JR帯広駅から徒歩5分で、国道236号から一本入った南十一丁目通沿いにあります。豚丼のお持ち帰りもOK(お持ち帰り容器別途80円)。

豚丼のはなとかち

店舗裏側に駐車場5台分があります。

豚丼のはなとかち駐車場

はなとかちの店内

はなとかちの店内は広く、カウンター席とテーブル席があります。昼は混み合っているとのことなので、時間をずらして伺いました。

豚丼のはなとかち

豚丼メニュー

豚丼のはなとかちのメニュー表。

メニューは、

ロース肉とばら肉を半分ずつのせ1度に2種類の美味しさが味わえる「半ばら豚丼」

厳選した道産豚はロース肉がたっぷりの長年愛されいるメニュー「豚丼」

の2種類があります。

ロース肉は、北海道産の100頭に3頭程度しか現れないという霜降り肉のように脂のまわった「かみこみ豚」を使用し、バラ肉は道産の幅広で脂身と肉のバランスの良いものを厳選。

焼きは、高熱量で炭火と同じ周波数の熱線を出し、網焼きで余分な脂を落とし炭火焼に近い状態に焼き上げることのできる電気グリラーを使い、肉にタレを刷毛で塗っては焼きを何度も繰り返し焼き上げ、肉にタレの層を何層も作り肉に深みのある味わいが作られます。

豚丼のはなとかちのメニュー表

半ばら豚丼。

半ばら豚丼

ロースとばら肉両方が楽しめる豚丼のはなとかち名物の「半ばら豚丼」中盛。味噌汁と漬物が無料でついてきます。

はなとかち半ばら豚丼

北海道産の山わさびのアクセントがなんとも豚肉の旨味を引き出して美味しい!!中札内村産の黒枝豆がのっています。

豚丼のはなとかち名物の「半ばら豚丼」

店舗情報

名称 ぶたどんのはなとかち
豚丼のはなとかち
住所 ほっかいどう おびひろし おおどおりみなみ
北海道帯広市大通り南12丁目2-4 佳ビル1F
電話番号 0155-21-3680
URL http://www.hanatokachi.com/
SNS Facebook

https://www.facebook.com/豚丼のはなとかち-361209900604991/

営業時間 平日・土曜日 11:00~15:00、18:00~19:00
日曜日・祝日 11:00~19:00
定休日 火曜日
駐車場 5台(無料)
交通アクセス・最寄り駅 【自動車】
国道236号から一本入った南十一丁目通沿い
【列車】
JR「帯広駅」北口より徒歩5分(450m)
【バス】
十勝バス「大通11丁目」バス停留所
備考

地図

Google Map

ストリートビュー

※掲載情報は最新の情報と異なる場合がございます。必ず事前に公式情報をまたは現地へご確認の上ご利用下さい。

スポンサーリンク

フォローする