飛行機・空港一覧

札幌丘珠空港(北海道札幌市東区)

札幌丘珠空港(さっぽろおかだまくうこう)は、札幌市内中心部から約6kmに位置し、釧路空港・函館空港・利尻空港の道内便をはじめ三沢空港・静岡空港・松本空港の道外便を結ぶ北海道内ローカルネットワークの拠点として活用されている札幌市内唯一の空港です。正式名称、札幌飛行場。通称、丘珠空港。

航空会社が提供する飛行機内Wi-Fi一覧

航空会社Wi-Fi(飛行機Wi-Fi)は、航空会社が提供する航空機内で利用できるWi-Fiサービス。航空会社各社では、飛行機搭乗者向けに機内Wi-Fiを整備し、同時にWi-Fi無料化、対象路線の拡大、機内コンテンツの拡充、利用制限を無制限にする流れを加速しています。

北海道のフライトシミュレーターがある空港一覧

飛行機好きなら一度はパイロット気分で握ってみたい飛行機の操縦桿。そんな時には空港に設置している航空機の操縦体験ができる「フライトシミュレーター」がオススメ。北海道内には、新千歳空港ターミナルビル3F大空ミュージアムと旭川空港ターミナルビル2Fにあります。もちろん子供の操縦もOK。

旭川空港フライトシミュレーターで飛行機の操縦体験

パイロット気分で飛行機の操縦桿をにぎり、実際に操縦体験ができる旭川空港ターミナルビル2Fフロアにある空港限定「フライトシミュレーター」。旭川空港に設置しているオリジナルフライトシミュレーターでは、旭川空港と就航地である羽田空港、伊丹空港、関西空港のフライト体験ができます。初級、中級、上級のレベルあり、フライトコースは全部で5コース。

北海道内の空港展望デッキ・送迎デッキの一覧

滑走路を一望できる空港の展望デッキ・送迎デッキからは、各航空会社の飛行機離着陸や空港で働く人や車両を間近で体感できるます。見送りや出迎え、出発の待ち時間以外にも、カメラで写真撮影や子供と飛行機を見たりできる観光スポットのひとつ。展望デッキ内にある観光望遠鏡もオススメ。

飛行機搭乗時の重量超過手荷物料金は宅配便・宅急便で回避

航空会社では、機内へ持ち込める手荷物の重量制限を設けており、少しでも超過すると手荷物の追加料金「重量超過手荷物料金」が発生します。荷物が多くなり超過料金が発生する場合には、余剰分の荷物を空港内の宅配便カウンターから段ボールに入れて配送する方が安価になる場合があります。

格安航空会社のLCC激安セールは対象路線・販売期間・登場日限定でお得

運航コストの低減化・効率化や人件費節減による低価格とサービス簡潔化で人気の格安航空会社、通称「LCC(Low-cost carrier)」。通常でも安いLCCですが、LCC各社さらに競って安くなるのがLCC各社の激安セール。対象路線・販売期間・登場日は限定していますが、通常金額よりも更に安くなるのでこの激安セールは旅行前には抑えておきましょう。

航空会社のフレックストラベラー制度に協力すると協力金・協力マイルがもらえる

航空会社はオーバーセールスが判明した時点で当該便を予約している旅客を対象にアナウンスで募集を行い、協力金と代替交通手段の提示を行い自主的に搭乗を取りやめる事のできる搭乗予定客に対し協力金または協力マイルの支払い及び代替交通手段の提供するのが「フレックストラベラー制度」です。

北海道内で開催される航空祭・航空ショー2018年 ※随時更新

航空祭・航空ショーは、普段は入ることのできない航空自衛隊の基地や陸上自衛隊の駐屯地やなど自衛隊施設を一般開放し、迫力のあるある航空機のフライト、飛行展示、観閲式・観閲行進、自衛隊ヘリによる訓練展示、体験試乗、装備品展示、模擬売店、音楽隊演奏など、機体を間近に見て感じるイベントです。また、航空グッズ、記念品の販売、出店、子供向けの催しなど盛り沢山のイベントです。

北海道の航空会社AIR DO(エアドゥ)なら飛行機の旅がなまら安い

JALの先得やANAの旅割、そして格安航空LCCの台頭により格安で空の旅が身近になった北海道。ただ、道民なら北海道の航空会社、そうAIR DO(エアドゥ)が侮れない。AIR DOは、AIR DOスペシャルやDOバリュー、北海道発往復運賃、道民割引といったお得な割引航空券をはじめ、WEB会員サービスMY AIRDO、ポイントプログラムDOマイルなどのお得なサービスがある道民のための航空会社です。