飛行機搭乗時の重量超過手荷物料金は宅配便・宅急便で回避

飛行機搭乗時の重量超過手荷物料金は宅配便・宅急便で回避

航空会社では、機内へ持ち込める手荷物の重量制限を設けており、少しでも超過すると手荷物の追加料金「重量超過手荷物料金」が発生します。AIRDO、JAL、ANAといった航空会社の場合は1人20kgまでが無料となる一方、国内LCCの場合はチケット代金が安い分、各社7kg~10kg前後となっています。荷物が多くなり超過料金が発生する場合には、余剰分の荷物を空港内の宅配便カウンターから段ボールに入れて配送する方が安価になる場合があります。

スポンサーリンク

空港内の宅急便カウンター

空港内には、ゆうパックでお馴染みの郵便局、配送会社の宅急便カウンターがあります。もちろん、ダンボール販売もあるのでその場で梱包して即発送可能です。

航空会社別の機内手荷物持込制限例(基本)

AIR DO 20kg

JAL(国内線) 20kg

ANA(全日空) 20kg

スカイマーク 20kg

バニラエア 10kg~20kg

ピーチ 7kg

ジェットスター・ジャパン 7kg

エアアジア・ジャパン 7kg

※上記は基本規定となり、運賃タイプ、予約状況・予約内容によって異なります。

※容積は航空会社に規定あり

航空会社の超過手荷物料金一覧

AIR DO

https://www.airdo.jp/departure/baggage/check-in-baggage/

JAL(国内線)

http://www.jal.co.jp/dom/baggage/checked/

ANA(全日空)

https://www.ana.co.jp/ja/jp/book-plan/fare/domestic/guide/charge/

スカイマーク

http://www.skymark.co.jp/ja/access/baggage/customer.html

ピーチ

http://www.flypeach.com/pc/jp/lm/ai/airports/baggage/carry_on_bag

バニラエア

https://www.vanilla-air.com/jp/service/checked-baggage

ジェットスター・ジャパン

http://www.jetstar.com/jp/ja/help/articles/carry-on-baggage

エアアジア・ジャパン

https://www.airasia.com/jp/ja/baggage-info/cabin-baggage.page

スポンサーリンク

フォローする