新千歳空港駐車場でバッテリー上がりに対応する整備工場・ガソリンスタンド一覧

スポンサーリンク

新千歳空港駐車場でバッテリー上がりに対応する整備工場・ガソリンスタンド一覧

新千歳空港の駐車場に戻りいざ車に乗り、ライトや室内灯の消し忘れや長期間乗らないことによる自動放電によるバッテリー上がりでいざ出発しようとした際に車のキーを回してもエンジンがかからないという事があります。そんな時には他の車からブースターケーブルを使い電気を分けてもらいエンジンを始動(ジャンピングスタート)させる事もできます。

基本は会員サービスや保険会社の無料対応サービス。車にブースターケーブルを積んでいない場合、JAFや保険会社の無料サービスに加入していない場合は、バッテリー上がりを対処・解消サービスを行う新千歳空港周辺の整備工場・ガソリンスタンドの一覧を掲載。レンタカー利用の場合は、まず利用店舗に電話するなどの対応も必要です。

スポンサーリンク

新千歳空港のバッテリーチャージサービス対応の会社一覧

  • CAMS(カムス)
    TEL:0123-45-2323
    4,000円
  • 千歳空港モーターサービス (19:00迄)
    TEL:0123-45-2345
    4,000円
  • 三友石油 (20:00迄)
    TEL:0123-23-4630
    3,000円~4,000円
  • 北日本石油千歳空港SS (21:00迄)
    TEL:0123-23-2324
    3,000円
  • JAF (24時間)
    非会員 TEL:011-857-8139
    会員 TEL:0570-00-8139(携帯電話から#8139)
    会員:無料 非会員:昼間12,500円 夜間14,500円

※料金(いずれも税抜)は2015年10月現在。最新のバッテリー上がりによるチャージサービス料金は電話にてご確認願います。

関連サイト

クルマのバッテリー上がりと応急処置(JAF)

http://qa.jaf.or.jp/trouble/handling/03.htm

スポンサーリンク

フォローする

この記事をお届けした
得北の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク