くしろ湿原ノロッコ号

観光列車

くしろ湿原ノロッコ号(釧路駅~塘路駅)

くしろ湿原ノロッコ号は、釧網本線の釧路駅と塘路駅を片道約1時間かけて結ぶ1989年6月24日から運行している観光列車(トロッコ列車)です。4月下旬から10月の期間限定運行の観光列車で、2号車から4号車までは展望車両になっていて、普段見ることのできない釧路湿原や釧路川などの自然が車窓いっぱいに広がります。
列車座席表

くしろ湿原ノロッコ号の座席表・座席図(指定席・自由席)

くしろ湿原ノロッコ号は、広い窓から雄大な湿原を眺めながら走る列車です。2号車から5号車がノロッコ車両と呼ばれる展望客車、1号車自由席はローカル線で使用している普通客車です。景色を楽しむために、特別仕様の展望車には様々な工夫がされています。展望車座席は6人掛けのボックス席と2人掛けのベンチ席があります。
タイトルとURLをコピーしました