電話料金の紙請求書をWEB請求書に切り替えて節約

スポンサーリンク
スポンサーリンク

毎月届く請求書・明細書を紙からWEBに切り替えるのはメリット多数

 携帯電話・スマートフォンをはじめ、固定電話の請求書及び通話明細書を紙で発行する場合、電話会社によって異なりますが、NTTドコモで100円、auで50円、ソフトバンクで200円の手数料が必要となります。ドコモの場合は1年換算で1,200円、10年間だと12,000円。auの場合は1年換算で600円、10年換算で6,000円。ソフトバンクの場合は1年換算で2,400円、10年換算で24,000円。WEB明細に切り替えると電話会社によって20円前後の割引もあります。

f:id:tokukita:20150208214134p:plain

 

自宅で印刷も可能なWEB請求書

 紙で届くと安心というのもひとつですが、以前に比べてインターネット上で確認すると、詳細な内訳も確認できます。また、過去数カ月分、数年分の請求書を一度に確認できるのもメリットのひとつです。請求書を印刷したいという場合も、PDF保存して自宅のプリンタで印刷することもできます。

 

電話会社の紙請求書の手数料一覧

NTTドコモ 1請求書あたり100円(税抜)>

au 1請求書あたり50円(税抜)

ソフトバンク 1請求書あたり200円(税抜)

 

電話会社のWEB明細による割引一覧

NTTドコモ 「eリビング」 1回線あたり20円(税抜)割引

au 「WEB de 請求書」割引 1回線あたり20円(税抜)割引

スポンサーリンク

フォローする

NO IMAGE
この記事をお届けした
得北の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!