白銀の滝(北海道石狩市浜益区)

白銀の滝

白銀の滝(しらがねのたき)は、国道231号(オロロンライン)の石狩市最北端である浜益区雄冬地区にあり、落差は約25メートルの岩肌を流れる滝です。夏にはドライブの中で清涼を感じられる場所で立ち寄るドライバーも多い。また、冬には滝全体が凍り、巨大な氷柱になります。

白銀の滝は、暑寒別、天売焼尻国定公園内の暑寒別連邦の山肌を伝い流れます。岬の急斜面に壮大な水しぶきとともに、幾千もの銀の柱となって日本海へと流れ落ちます。

スポンサーリンク

国道231号線にある落差約25メートルの岩肌を流れる滝です。冬には巨大な氷柱に。

1981年11月に国道231号線開通した記念に建てられた開通記念碑。

1981年11月に国道231号線開通した記念に建てられた開通記念碑

白銀の滝の全体。広く様々な角度から見えます。

白銀の滝の全体

白銀の滝の案内板

白銀の滝の案内板

施設設備

無料駐車場。

無料駐車場

白銀の滝概要

名称 しらがねのたき
白銀の滝
住所 ほっかいどう いしかりし はまますく おふゆ
北海道石狩市浜益区雄冬
電話番号 0133-79-5700(石狩観光協会浜益事務所)
URL http://www.city.ishikari.hokkaido.jp/soshiki/h-chiikis/3364.html
SNS
営業時間
定休日・休館日
駐車場 あり(無料)
交通アクセス・最寄り駅 【自動車】
国道231号(オロロンライン)沿い
札幌方面からは雄冬岬トンネル出て右側
【バス】
沿岸バス「札幌線」特急はぼろ号(増毛経由便)乗車、「雄冬バス亭」下車徒歩5分
沿岸バス「留萌別苅(増毛)線」乗車→「雄冬バス亭」下車徒歩5分
料金 無料
備考

地図(Google Map)

※掲載情報は最新の情報と異なる場合がございます。必ず事前に公式情報をまたは現地へご確認の上ご利用下さい。

スポンサーリンク

フォローする