ユーラスエナジー白糠展望台(北海道白糠町コイトイ)

ユーラスエナジー白糠展望台

ユーラスエナジー白糠展望台は、2014年に道の駅しらぬか恋問に正面右側に新しくできたユーラス白糠ソーラーパークが見える展望台です。展望台からは、心地良い風が吹き通ります。階段の数も多くないので、子供と一緒に木の階段を一段一段踏みしめながら楽しめます。道の駅に訪れた際には、太平洋や広がる白糠の自然を体験してみましょう。

ユーラス白糠ソーラーパーク

2014年2月に運転開始されたユーラス白糠ソーラーパークは、札幌ドーム11.3個分(625,129㎡)もの敷地面積は、国内でも最大級の大きさを誇る太陽光発電所です。

ユーラス白糠ソーラーパーク

太陽光パネル総数は134,400枚。一体に広がります。

ユーラス白糠ソーラーパーク

展望台から見る太平洋。恋問海岸に隣接。

恋問海岸(こいとい かいがん)は、太平洋沿いに10kmもの浜辺が続き、砂浜が広がり、夕方は水平線に沈む夕日、夜は漁火を見ながら波の音が聞こえる人気スの海岸スポットです。

展望台から見る太平洋

展望台から見る道の駅(釧路方面)。

展望台から見る道の駅(釧路方面)

ソーラーパークに関する説明パネル。

ソーラーパークに関する説明パネル

展望台からの道の駅しらぬか恋問。

道の駅しらぬか恋問(みちのえき しらぬか こいとい)は、釧路・帯広間を結ぶ太平洋沿いの国道38号沿いにある道の駅です。恋問海岸に並行して走る国道沿いは、季節によりエゾスカシユリやはまなすなど野生花が咲きます。冬になると水平線に沈む夕日は圧巻です。ドライブの休憩地点としても観光スポットとしても人気の道の駅。

展望台からの道の駅しらぬか恋問

発電所概要

名称 ユーラス白糠ソーラーパーク(ユーラスエナジー白糠)

所在地 北海道白糠町庶路甲区6-1078

土地面積 620,000㎡(62ヘクタール)

出力規格 30メガワット(30,000kw/h)

モジュール枚数 242W×134,400枚

CO2削減 11,000トン/年

稼働開始 2014年2月13日

パネルメーカー 京セラ社製シリコン系多結晶太陽電池

施工業者 四電エンジニアリング・戸田建設

スポンサーリンク

ユーラスエナジー白糠展望台概要

名称 ゆーらすえなじーてんぼうだい
ユーラスエナジー白糠展望台
住所 ほっかいどう しらぬかちょう こいとい
北海道白糠町コイトイ40-3
※ユーラスエナジー白糠の所在地は北海道白糠町庶路甲区6-1078
電話番号
URL http://www.eurus-energy.com/project/index.php?id=64
SNS
営業時間
定休日・休館日
駐車場 あり(無料)
交通アクセス・最寄り駅 【自動車】
国道38号沿い
※道の駅しらぬか恋問隣接
料金 無料
備考

地図(Google Map)

※掲載情報は最新の情報と異なる場合がございます。必ず事前に公式情報をまたは現地へご確認の上ご利用下さい。

スポンサーリンク

フォローする