待機消費電力

電気代・節電

年間約5%以上を占める待機電力をカットし電気代節約

待機消費電力いわゆる待機電力は、家電製品を使用していない時でも、機器自体の時刻表示やリモコンの指示待ち、メモリ、モニター表示に使われる微量な電気の事です。待機電力を減らす方法として、こまめに主電源を切る他、長時間使わない機器はコンセントからプラグを抜いたり、節電タップの使用、オートOFF機能と表示OFF機能を利用するなどがあります。これらを対策することにより、待機電力を、約50%削減することが可能になります。これは電気代節約に大きな割合です。
タイトルとURLをコピーしました