別海町尾岱沼潮干狩りフェスティバル(北海道別海町)

別海町尾岱沼潮干狩りフェスティバル

別海町尾岱沼潮干狩りフェスティバル(べつかいちょう おだいとう しおひがりふぇいすてぃばる)は、例年5月上旬のゴールデンウィーク頃から6月中旬までの干潮時の土日祝の指定日に、禁漁区域である別海町の尾岱沼ふれあいキャンプ場前浜を開放して行われ、大粒のアサリ(あさり)が掘れる潮干狩りのイベントです。

毎年、400名程度が参加する潮干狩りは、天然のアサリがわずか20分程度でバケツ一杯になります。尚、潮干狩りの開催日は毎年変わり、開催時間も干潮時間にあわせて都度変わります。

スポンサーリンク

毎年5月~6月に8回ほど実施される潮干狩りのイベント

別海町尾岱沼潮干狩りフェスティバルは、事前の申込は必要ありません。直接、会場となる尾岱沼ふれあいキャンプ場に向かいます。雨天の際は中止となりますが、小雨の場合は開催することもあります。当日の開催の有無は、尾岱沼キャンプ場(TEL:0153-86-2208)に確認となります。会場に駐車場横に受付用のテントがあり係員がいます。

別海町尾岱沼潮干狩りフェスティバル

駐車場には男女トイレとバリアフリーがあります。

別海町尾岱沼潮干狩りフェスティバルトイレ

潮干狩りを行う前浜は広いので、早く行って並ぶ必要はありません。受付は開始時間の30分前からですので、あまり早くと時間を持て余します。また、受付時間は終了時間の30分前まで、開催時間を延長しての潮干狩りはできませんので注意が必要です。

潮干狩り前浜

掘れる大粒のアサリは専用バケツ1杯で約3キロほど。アサリをバケツ1杯掘るのにおおよそ大人で20分~30分、子供で1時間程度です。まだアサリ掘りをしたい場合は、入場券の半券を受付で提示すればバケツの追加も可能です。バケツの制限はありません。初めての場合は、係員に掘り方のコツを聞くと教えてくれます。

別海町尾岱沼潮干狩りフェスティバル

反対側から。

掘れる大粒のアサリは専用バケツ1杯で約3キロ

掘ったアサリを砂だらけですが、尾岱沼潮干狩りフェスティバルでは、係員の方がその場でザルに入れて洗ってくれます。その際には、フェイスバル専用バケツからビニール袋に入れて渡してくれます。

別海町尾岱沼潮干狩りフェスティバル

希望すれば持ち帰り用の砂出し用の海水を入れたペットボトルもくれます。バケツ1杯につき1本が適量です。また、長靴や熊手を洗うこともできます。

海水を入れたペットボトル

国道244号(野付国道)を北上すると「尾岱沼ふれあいキャンプ場」の看板があります。また、会場内には露天販売はありません(キャンプ場管理棟内にお菓子などを販売する売店あり)が、潮干狩り会場から車で5分ほどの尾岱沼市街に飲食店やコンビニがあります。

尾岱沼ふれあいキャンプ場

アサリ掘りに持参するもの・持参しなくてよいもの

持参必須

  • 長靴(普通の靴は無理)
  • 熊手(100円でレンタルあるものの混雑時には熊手待ちもあるので100円ショップなどで予め用意しておきましょう。また、大粒のアサリなので金属製の熊手がオススメです。)
  • 着替えやタオル(はしゃぐので意外と濡れます)

あると便利

  • ゴム手(5月~6月とはいえ水温はまだ冷たいのと、傷帽子のため)
  • ポリ袋(掘りたのアサリは鮮度が良いので念のため)
  • ビニールシートやバット(アサリを置くスペース)
  • 防寒具(潮干狩りは早朝から午前にかけての実施で5月6月といえども風がある日は特に寒い)
  • 帽子(逆に日差しが強い日の熱中症予防のため)
  • 簡易折りたたみ椅子(アサリ掘りはそれなのに時間がかかる上、掘るスピードは個人差があるので椅子があると負担軽減となります)
  • 自宅で砂出し用の容器(1人だけでも3キロほど取れると結構な量ですので帰宅前に用意しておきましょう)

持参しなくてよいもの

  • バケツ(フェスティバル専用のバケツがレンタルされます)
  • スコップ(スコップだと、アサリ掘りする場合砂も一緒にバケツに入れてしまう事になるので熊手の方が無難です)
  • 鋤簾(北海道漁業調整規則で使用禁止です)

尾岱沼潮干狩りフェスティバルの日程

2018年

未発表 例年3月下旬頃に開催日が発表されます。

2017年

  • 2017年4月29日(土) 10:30~12:30
  • 2017年4月30日(日) 11:00~13:00
  • 2017年5月27日(土) 9:30~11:30
  • 2017年5月28日(日) 10:30~12:30
  • 2017年6月10日(土) 9:30~11:30
  • 2017年6月11日(日) 10:00~12:00

2016年

  • 2016年5月7日(土) 9:00~11:00
  • 2016年5月8日(日) 9:30~11:30
  • 2016年5月21日(土) 8:30~10:30
  • 2016年5月22日(日) 9:00~11:00
  • 2016年6月4日(土) 8:00~10:00
  • 2016年6月5日(日) 8:30~10:30
  • 2016年6月18日(土) 7:30~9:30
  • 2016年6月19日(日) 8:00~10:00

2015年

  • 2015年5月3日(日) 8:30~10:30
  • 2015年5月4日(祝・月) 9:00~11:00
  • 2015年5月5日(祝・火) 9:30~11:30
  • 2015年5月6日(祝・水) 10:00~12:00
  • 2015年5月9日(土)12:00~14:00
  • 2015年5月10日(日) 12:30~14:30
  • 2015年6月6日(土)11:00~13:00
  • 2015年6月7日(日) 11:30~13:30

2014年

  • 2014年4月29日(祝・火) 8:30~10:30
  • 2014年5月3日(土) 11:00~13:00
  • 2014年5月4日(日) 11:30~13:30
  • 2014年5月5日(祝・月) 12:30~14:30
  • 2014年5月17日(土) 10:30~12:30
  • 2014年5月18日(日) 11:00~13:00
  • 2014年5月31日(土) 10:00~12:00
  • 2014年6月1日(日) 11:00~13:00

潮干狩りの関連記事

潮干狩りの服装、持ち物、マナーや注意点、疑問などを紹介。

北海道のレジャーの代表格であるアサリやしじみなどの潮干狩り。北海道内にある潮干狩り場の一覧をはじめ、潮干狩り場の開催期間、開催場所、料金、アサリやシジミなど採れる貝の種類、貸し出し用品、申込方法、定員人数、問い合わせ先などの情報。他にも潮干狩りの服装、持ち物、マナーや注意点、疑問などを紹介。潮干狩りの際の服装や持ち物を万全にして行きましょう。

別海町尾岱沼潮干狩りフェスティバル概要

名称 べつかいちょう おだいとう しおひがりふぇいすてぃばる
別海町尾岱沼潮干狩りフェスティバル
住所 ほっかいどう べつかいちょう おだいとう みさきちょう
北海道別海町尾岱沼岬町66 尾岱沼ふれあいキャンプ場前浜
電話番号 0153-75-2111(別海町観光協会)
0153-86-2208(尾岱沼キャンプ場)
※当日の実施確認(雨天など)は、尾岱沼キャンプ場への電話となります。
URL http://betsukai-kanko.jp/
SNS
営業時間 例年5月上旬~6月中旬までの干潮時の土・日・祝日の指定日
※別海町観光協会の公式サイトにて例年3月下旬頃に開催日が発表されます。
定休日・休館日
駐車場 あり(無料)
キャンプ場管理棟横
キャンプ場前浜近くの臨時駐車場
※係員の誘導があります。
交通アクセス・最寄り駅 国道244号(野付国道)沿い
別海町役場より車で45分(29.1km)
標津町役場より車で16分(11.8km)
羅臼町役場より車で1時間(58.9km)
斜里町役場より車で1時間10分(67.2km)
JR「根室駅」より車で1時間20分(79.7km)
JR「釧路駅」より車で2時間(121km)
料金 潮干狩り料金
【一般】
入場料300円+遊漁料(バケツ1杯)1,200円=合計1,500円
【小学生・中学生】
入場料200円+遊漁料(バケツ1杯)1,200円=合計1,400円
※6歳以下の入場料は無料です。遊漁料は年齢問わず必要です。
※熊手レンタル1本100円(貸出待ちになる場合もあり、長靴やゴム手などは持参しましょう)
※前日から尾岱沼キャンプ場で宿泊する場合は、当日の入場料は無料となります。遊漁料(1,200円)は必要です。
備考

地図(Google Map)

※掲載情報は最新の情報と異なる場合がございます。必ず事前に公式情報をまたは現地へご確認の上ご利用下さい。

スポンサーリンク

フォローする