札幌駅構内・周辺にあるスキー板・スノーボード板の預け先・預かり先一覧

札幌駅構内・周辺にあるスキー板・スノーボード板の預け先一覧

雪が降る冬シーズンになると北海道では、道内をはじめ全国からスキーヤー・スノーボーダーが集まります。直接持参したスキー板やスノーボード、ブーツ、ストック、スキーウェアなどをスキーロッカー・スノーボードロッカー・手荷物預かり所へ預けることにより、札幌駅周辺での観光やショッピングする際には身軽に手ぶらで楽しめます。

スポンサーリンク

札幌駅構内・周辺のコインロッカー事情

JR札幌駅周辺にある常設しているコインロッカーは、特大サイズでも高さ110cm~120cm程度です。

JR札幌駅の構内・改札内をはじめ、札幌市営地下鉄さっぽろ駅、JR札幌駅直結の複合商業施設JRタワー(アピア・エスタ・パセオ・ステラプレイス)、札幌駅周辺の百貨店、公共施設などに設置があるコインロッカー一覧。

コインロッカー・手荷物預かり所

【期間限定】JR札幌駅北口スキー・ボード専用コインロッカー

冬期限定(毎年12月~3月)でJR札幌駅北口東西連絡通路(北連絡通路)の「鐘の広場」付近に設置される「JR札幌駅北口スキー・ボード専用コインロッカー」。料金は1回600円で利用は当日時間内限り。

【期間限定】札幌駅臨時手荷物一時預かり所

JR札幌駅西コンコースでは「さっぽろ雪まつり」などの大型イベント実施時に「札幌駅臨時手荷物一時預かり所」を開設します。手荷物1個から、スキー板・スノーボード板を一時預かりしてくれるのでホテルのチェックイン・チェックアウト前後に便利な有人のクロークサービスです。例年、営業時間は10:00~18:00で、預かりは当日限り。料金は手荷物500円、スキー・ボードなど600円。

クロークサービス

ホテルのクロークサービス・手荷物預かり

クロークサービスのあるホテルをはじめ、一般的にホテルでは宿泊客へのサービスとして、チェックイン前の荷物預かりはもちろん、チェックアウト後も荷物を預かってくれる場合がほとんどです。事前に確認の上、スキー板やスノーボードを預かってもらいましょう。

ecbo cloak(エクボクローク)

ecbo cloak(エクボクローク)は、旅行やお出かけ時の荷物を、カフェ・飲食店・店舗・会社などの空きスペースで営業時間内(複数日連続予約可能な場合もあり)に荷物を預けることができるシェアリングサービスです。スマホなどから事前予約も可能で確実に預けれるのが特徴です。札幌駅周辺には、スキー板やスノーボード板といった大型荷物を預かりしている店舗が複数ります。

https://cloak.ecbo.io/

配送サービス

スキー宅急便|ヤマト運輸

スキー板やスノーボードを直接スキー場へ配送し、行きも帰りも手ぶらでスキーが楽しめるクロネコヤマト「スキー宅急便」。自身で直接スキー板やボードを持参してきた場合、帰りは札幌駅最寄りのヤマト運輸直営店(宅急便センター)へ持ち込み、自宅まで配送する方法を活用すると便利。直営店では発送の際に必要となる専用カバーも販売しています。取扱はスキー板もしくはスノーボード1組またはオールインワン型ケース(スキー板またはスノーボードとウェアやブーツなど)となります。

JR札幌駅周辺にあるヤマト運輸直営店

スキー宅急便|ヤマト運輸公式サイト

http://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/customer/send/services/ski/

スポンサーリンク

フォローする