農村公園フルーツパークにき(北海道仁木町東町)

農村公園フルーツパークにき

農村公園フルーツパークにきは、名物の展望ジャンボ滑り台ををはじめ、展望台、遊具、多目的広場があります。園内はさくらんぼやりんごをはじめとした果物の生育が盛んな仁木町産のさくらんぼやりんご、ぶどうなどの果物をはじめ、時期になるとラベンダーやコスモスなどが咲き乱れます。春、夏、秋を旬に結実する果実を栽培。建物前ではさくらんぼなど旬の果物を直売(不定期)しています。

スポンサーリンク

展望ジャンボ滑り台

長い長い長い。そんな展望ジャンボ滑り台の長さは、全長153メートル。滑り台はローラー式滑り台です。とにかく、豪快に滑り降りる事が魅力です。仁木町いっぱいに広がる果樹園や余市湾が見える眺望の良さも圧巻です。下の写真は、建物から展望ジャンボ滑り台方面です。真ん中に見えるのが宿泊コテージ。左上に見える黄色いのが滑り台です。

展望ジャンボ滑り台

滑り台は、利用制限6歳から50歳です。特に申込などは必要ありません。ただ、そのまま滑ると痛いので、館内にてウレタン製シートを100円で予め借りた方が賢明です。館内の受付で借りれます。小さい子供と一緒にできるか聞いたところ、膝の上でも可能ですが、事故の際には無論責任負えずとの事。これがウレタンシート。

展望ジャンボ滑り台ウレタンシート

ウレタンシートあり

ウレタンシートあり

ウレタンシートなし

ウレタンシートなし

頂上までは、コンクリートの斜面か、近道の木道と階段があります。コンクリートの斜面。頂上まで距離があります。

展望ジャンボ滑り台

木道。ウッドチップが敷いてあります。

木道

階段。距離的にはコンクリート部分より短くなります。

階段

中腹くらいからの木道と階段。

中腹くらいからの木道と階段

一緒に滑りましたが特に問題ありませんが、子供によっては怖がる可能性も。

展望ジャンボ滑り台

頂上までは長い道のり。

展望ジャンボ滑り台

中腹からの滑り台。

中腹からの滑り台

頂上までの途中にはベンチもあるのでしっかり休みましょう。

ベンチ

頂上までの道のりの途中には休憩するところがあります。

休憩

木製のベンチ。

木製のベンチ

坂の途中からは仁木町の広大な景色が広がります。

仁木町の広大な景色

頂上までもう少し。

展望ジャンボ滑り台

到着。展望台もあります。

展望ジャンボ滑り台頂上

頂上の滑り台付近。

頂上の滑り台付近

階段部分の幅は少し狭め。

階段部分の幅

注意事項(頂上設置のもの)です。靴の紐や衣類の紐など気をつけましょう。

注意事項

年齢制限(6歳~50歳)が書いてあります。

展望ジャンボ滑り台年齢制限

階段を登ります。高いので小さい子供は一緒に滑りましょう。

展望ジャンボ滑り台階段

頂上の乗り場。街に滑り降りる感じの滑り台です。そんなにスピードは出ないので小さい子には安心です。

展望ジャンボ滑り台頂上の乗り場

頂上からの滑り台部分は高さがあります。

展望ジャンボ滑り台部分

乗り場は頂上と、この中腹地点にも分かれています。頂上からはカーブがあり、滑りづらい感じがしますが、中腹からは直線が長く滑りやすい印象でした。

展望ジャンボ滑り台

中腹の階段。角度があります。

展望ジャンボ滑り台

中腹から頂上方面。

展望ジャンボ滑り台中腹から頂上方面

見頃になると一面ラベンダー一色になります。

展望ジャンボ滑り台中腹ラベンダー

展望塔

ジャンボ滑り台がある頂上には展望塔があります。

農村公園フルーツパークにき展望塔

展望塔入口。

農村公園フルーツパークにき展望塔入口

頂上にあるカフェ「IKiN Cafe」。

カフェ「IKiN Cafe」

カットフルーツやスムージー、フレッシュジュースを販売しています。こちらでは、展望塔でもマットを借りることができますが、数に限りがあります。

カフェ「IKiN Cafe」

展望塔にはトイレもあります。

展望塔トイレ

公園内の見本園

フルーツパークにきの建物から展望ジャンボ滑り台までは、プルーンやリンゴなど様々な木々が並びます。果実のもぎ取りは禁止です。

農村公園フルーツパークにき見本園

プルーン

プルーン

ブルーベリー

ブルーベリー

フルーツパークにき

フルーツパークにきの館内には、売店や直売所、レストラン、受付などがあります。アイスクリームもここで購入できます。

フルーツパークにき

出入口にはスロープがあります。

出入口にはスロープ

仁木町のイメージキャラクター「ニキボー」がお出迎え。

ニキボー

受付。観光案内や展望ジャンボ滑り台のウレタンシートの貸出、コテージ宿泊受付などを行っています。仁木町内の観光パンフレットも置いてあります。

農村公園フルーツパークにき受付

館内の案内板。

農村公園フルーツパークにき案内板

仁木町内の観光農園マップ。

仁木町内の観光農園マップ

館内の自動販売機。遊具広場側駐車場付近にもあります。

自動販売機

USEN SPOTのFREEWi-Fiあり。

USEN SPOTのFREEWi-Fi

バリアフリートイレ。おむつ交換台や着替え用ボードもあります。

バリアフリートイレ

館内にベンチ。

ベンチ

屋外のベンチ。

ベンチ

売店

館内にある売店。

フルーツパークにき売店

収穫時期により異なりますが、旬のさくらんぼの販売をしています。

旬のさくらんぼの販売

野菜や果物の販売も。

野菜や果物の販売

売店では、仁木町の名産果物をふんだんに使ったジュースや限定トマトジュースの販売も。

農村公園フルーツパークにき売店

バーベキュー用品やジュースの販売も。

バーベキュー用品やジュースの販売

カフェ&レストランLa lune(ラ・ルーナ)

館内にあるカフェ&レストランLa lune(ラ・ルーナ)。定休日は水曜日。

カフェ&レストランLa lune(ラ・ルーナ)

仁木町名産の食材と北海道各地の食材を中心に使った美味しい料理が味わえます。

カフェ&レストランLa lune(ラ・ルーナ)

育苗温室

フルーツパークにき館内横にあるガラス張りの育苗温室には、仁木町をはじめ、全国から果実の苗を取り寄せて育成しています。

育苗温室

さくらんぼは、色づく前のものも間近に。

さくらんぼ

レモン

レモン

りんご(メイポール)

りんご(メイポール)

遊具広場

ブランコとジャングルジムを始めとした遊具があります。

遊具広場

コンビネーション遊具(大)

コンビネーション遊具(大)

砂の仕掛けもあります。上から砂を流します。

砂の仕掛け

砂を流すとここから砂が出ます。ここに他の子がいないのを確認してから砂を流しましょう。

砂

もう一箇所あります。

砂

コンビネーション遊具(小)

コンビネーション遊具(小)

コンビネーション遊具(小)の吊り橋とトンネル。

コンビネーション遊具(小)の吊り橋とトンネル

ジャングルジム

ジャングルジム

遊具広場内の休憩スペース

遊具広場内の休憩スペース

遊具広場側駐車場の休憩スペース

遊具広場側駐車場の休憩スペース

遊具広場側トイレ外観。

遊具広場側トイレ外観

遊具広場側のバリアフリートイレ。おむつ替えシート・ベビーキープ付き

遊具広場側のバリアフリートイレ

遊具広場側バリアフリートイレは、おむつ替えシート・ベビーキープ付きです。

遊具広場側バリアフリートイレ

遊具広場付近に多目的広場があります。

多目的広場

多目的広場の注意事項

多目的広場の注意事項

ドッグラン

小型・中型犬が広い敷地を遊べます。

ドッグラン

園内設備

総合案内板

農村公園フルーツパークにき総合案内板

果樹・花の総合案内板

農村公園フルーツパークにき果樹・花の総合案内板

駐車場A・Bがあります。いずれも無料。遊具広場側の駐車場Bは駐車可能台数が多め。

農村公園フルーツパークにき駐車場

車いすの貸出。

車椅子貸出

イベント情報

7月上旬 さくらんぼフェスティバル

10月上旬 うまいもんじゃ祭り

農村公園フルーツパークにき概要

名称 のうそん こうえん ふるーつぱーく にき
農村公園フルーツパークにき(フルーツパーク仁木)
住所 ほっかいどう にきちょう ひがしまち
北海道仁木町東町16丁目121
電話番号 0135-32-3500
URL http://www.fruitpark-niki.com/
SNS
営業時間 9:00~18:00(4月下旬~10月)
定休日・休館日 11月~4月
駐車場 あり(無料)
交通アクセス・最寄り駅 【自動車】
JR「仁木駅」より車で11分(2.2km)
【列車】
JR「仁木駅」
料金 入館無料
展望ジャンボ滑り台 無料(ウレタン製シートレンタル100円)
育苗温室 無料
備考

地図(Google Map)

クーポン・割引券

※掲載情報は最新の情報と異なる場合がございます。必ず事前に公式情報をまたは現地へご確認の上ご利用下さい。

スポンサーリンク

フォローする