タイヤの定期的な空気圧点検でガソリン代節約とタイヤ長持ち

スポンサーリンク
スポンサーリンク

タイヤの空気圧は月1回点検して車に最適な空気圧に調整。

タイヤの空気圧が下がることにより、タイヤと地面の接地面が増えるため、抵抗が増えて燃費が悪くなるため、その分ガソリンが必要となります。空気圧は高すぎても低すぎてもいけません。

タイヤの空気圧が不足する事によって発熱し損傷、いわゆるヒートセパレーションとなり目減りします。一方、空気圧が過多の場合は、センター摩耗や傷になる機会が増え、いずれもタイヤ損傷が多くなり、タイヤが長持ちしない原因となります。また、乗り心地の悪さや、カットやショックによるコード切れ及びバースト発生の懸念があります。

f:id:tokukita:20141015070443j:plain

 

空気圧の点検はガソリンスタンドやカー用品店で定期的に実施。

タイヤの空気圧をエアゲージを使用して自分で点検するのもひとつですが、車のプロであるガソリンスタンドやカー用品店では、無料で空気圧点検を行っているところも多くあります。ガソリンスタンドでは、フルサービスとセルフサービスがありますが、セルフサービスの場合は、空気圧点検を自分で行う場合が多いです。

また、タイヤが暖まると熱膨張で空気圧も高くなっていますので、空気圧の点検と調整はタイヤが冷えている時に行いましょう。

 

タイヤの空気圧

車によってタイヤの空気圧は異なります。また、FF車や、前輪・後輪の摩耗具合によっても異なります。タイヤの空気圧は、車体重量により「指定空気圧」として自動車メーカーによって数値が指定されています。スペアタイヤの点検も忘れずに行いましよう。

f:id:tokukita:20141015070609j:plain

指定空気圧は、車の運転席ドア開口部に記載されています。

スポンサーリンク

フォローする

NO IMAGE
この記事をお届けした
得北の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!