セキュリティホール報奨金制度

副業・内職

脆弱性の発見・報告で報奨金が支払われるセキュリティホール報奨金制度

ソフトウェアやOSの脆弱性を悪用し不正アクセスにつながったり、感染するウイルスから情報漏えい事件が起こります。そいうった各企業のセキュリティホール、つまり脆弱性(ぜいじゃくせい)を事前に防ぐために、不具合を見つけて報告すると報奨金が支払われる「セキュリティホール報奨金制度」を設けています。この制度から企業側は脆弱性を早期に発見し改修することで安全性が保たれています。
タイトルとURLをコピーしました