ランチパスポート札幌(2014年10月発売)で美味しいランチやデザートが500円

スポンサーリンク
スポンサーリンク

話題のランチ本。札幌中心部周辺のランチやデザートが500円=ワンコインになる夢のパスポート。

テレビや雑誌で話題のランチ本「ランチパスポート」。通称、ランパス。北海道内は、札幌で発売していて「ランチパスポート札幌駅版」と「ランチパスポート大通版」が定期的に発売しています。札幌中心部にある飲食店の通常700円~1200円前後のランチメニューやデザートが、ランチパスポートを提示するだけで全てワンコイン、つまり税込500円になります。1冊1名限りで、各店舗3回まで、3ヶ月間有効です。価格は980円(税抜)です。

こちらの記事は、下記の最新記事があります。

www.tokukita.jp

f:id:tokukita:20141023154934j:plain

ランチパスポート札幌「大通&札幌駅」アンコール版(2014年10月発売)

前回発行のランチパスポート「大通編」と「札幌駅編」で読者人気の高かった店舗を中心に、札幌中心部エリアの80店をアンコール掲載しています。

店舗数 人気のランチ80店舗+デザート14店舗 合計94店舗

発行 2014年10月20日

販売エリア 札幌市

定価 1,058円

パスポート有効期間 2014年10月20日~2015年1月30日

※ランチパスポート札幌 大通&札幌駅は完売となりました。

ランチパスポートの使い方

注文時と会計時に必ずランチパスポートを提示しましょう。ランチパスポートは、会計時もしくは注文時、食券購入時にスタンプを押してもらうシステムです。各店舗ともにスタンプ欄が3つあります。1店舗につき3回まで利用可能です。

ランチパスポートの注意点

1冊1名につき1名の利用。

ランチパスポートは1冊1名の利用です。複数人で1冊を共有して利用することはできません。例えば、4名でご利用の場合は4冊必要となります。1名につき1品の注文が原則です。

利用可能時間と定休日を事前確認。

店舗ごとに利用時間と曜日が異なります。店舗利用前に事前に確認しましょう。

混雑することが予想されます。

店舗によっては繁盛時間で混雑することも予想されます。提供時間が遅れたり、満席時はやむおえず入店が事寄れる場合があります。

対象となるメニューが売り切れの場合も。

店舗によってランチタイムにランチパスポートの対象となるメニューが売り切れになる場合もあります。店舗によって、メニュー予約できる場合もあります。また、予約が必要な場合もあります。

ランチパスポートの掲載例

f:id:tokukita:20141230123922j:plain

サッポロ珈琲館時計台ガーデンテラス店のケーキセット。

ランチパスポートの購入できる店舗

  • 札幌市内主要書店
  • コンビニエンスストア
  • キヨスク

追記情報

2014/12/30 ランチパスポート札幌 大通&札幌駅は完売となりました。

関連ページ

www.tokukita.jp

www.tokukita.jp

これまでに発売された北海道内のランチパスポートと過去の発売日

北海道全域

道央・札幌

道南

道央

道東

スポンサーリンク

フォローする

この記事をお届けした
得北の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!