空知(赤平市・滝川市・栗山町ほか)の工場見学スポット一覧

スポンサーリンク

空知(赤平市・滝川市・栗山町ほか)の工場見学スポット一覧

空知(夕張市、岩見沢市、美唄市、芦別市、赤平市、三笠市、滝川市、砂川市、歌志内市、深川市、南幌町、奈井江町、上砂川町、由仁町、長沼町、栗山町、月形町、浦臼町、新十津川町、妹背牛町、秩父別町、雨竜町、北竜町、沼田町、幌加内町)では、飲料品や食品の製造工場をはじめ、ワイナリー、新聞印刷工場、自動車工場、製鉄所、発電所など多くの施設で、個人または団体向けに工場見学・施設見学を実施しています。

見学料金が無料のところも多く、中には、試食や試飲、お土産や記念品がもらえる工場も。日頃なかなか見ることができない物の現場を見学してみましょう。基本的には工場見学は要予約の場合がほとんどです。年末年始やお盆期間、生産スケジュールによる工場休止日、団体貸切などの場合などがあるので事前に確認しましょう。

スポンサーリンク

空知周辺の工場見学対象地域

  • 空知
    夕張市、岩見沢市、美唄市、芦別市、赤平市、三笠市、滝川市、砂川市、歌志内市、深川市、南幌町、奈井江町、上砂川町、由仁町、長沼町、栗山町、月形町、浦臼町、新十津川町、妹背牛町、秩父別町、雨竜町、北竜町、沼田町、幌加内町

工場見学の方法

  1. 見学したい工場を探す
    興味のある業種や、見学したい地域を絞って見学したい工場を実際に検索してみましょう。
  2. 見学する工場に問い合わせ・申込
    見学したい工場が決まったら、工場の問い合わせ先に電話をして見学可能日を確認して予約しましょう。工場見学は予約が必要な場合が多くありますので事前問い合わせは必須です。人気のある工場では、数カ月先まで工場見学スケジュールが埋まっている可能性もあるので、早めに問い合わせしましょう。また、問い合わせの際に、見学可能な人数や年齢制限、駐車所の有無、交通、見学所要時間などを合わせて確認しましょう。
  3. 工場見学
    工場見学の当日は、開始時間より少し早めに到着しましょう。工場の見学担当者がいる場合は、見学時の注意事項をしっかり聞きましょう。 見学時に疑問や質問がある場合は見学担当者に聞いてみましょう。

工場見学時のマナー

  • カメラはビデオは所定の場所で撮影。
    カメラやビデオによる撮影は、所定の場所が決まっていたり、不可の場合があるので確認しましょう。撮影した写真を、後日、ブログやホームページにアップしたい場合は、可能がどうかも合わせて確認しましょう。
  • 見学エリア以外は立ち入らない。
    工場見学の際は、所定の見学ルートがあります。立ち入り禁止エリアには絶対に入らないようにしましょう。
  • 工場内では騒がない。
    工場見学は、実際に稼働している工場内を見学をしますので、大きな声で話したり、騒いだりなどして、作業をしている従業員の仕事を阻害することはやめましょう。
  • 見学時に試食・試飲はほどほどに。
    工場見学の際に、試食や試飲ができる場合があります。見学者は、多く訪れますので常識範囲内での試食や試飲にしてきましょう。
  • 酒類の工場見学は公共交通機関にて。
    北海道内では、ビール工場やワイン工場、ウイスキー工場、酒造工場など酒類を扱う工場見学が多くあります。酒類の試飲がある場合は、公共交通機関で行きましょう。

赤平市

北海道加ト吉

北海道加ト吉は、小学5年生以上の3~10名の団体を対象にコロッケ、うどん、ラーメンなど冷凍食品の製造ラインを工場見学できます。要予約。

所在地 赤平市赤平606

電話番号 0125-32-7733

見学料金 無料

見学受入人数 3~10名(小学5年生以上)

見学期間 平日 ※祝日・年末年始をのぞく

見学時間 9:00~15:00

滝川市

松尾ジンギスカン

松尾ジンギスカン

北海道のジンギスカンの中でも高い知名度と人気がある松尾ジンギスカンの工場で味付ジンギスカンの製造ラインが見学できます。要予約。

所在地 滝川市流通団地 1丁目6-12

電話番号 0125-23-2989

見学料金 無料

見学受入人数 5~30名

見学期間 応相談

見学時間 9:00~12:00

栗山町

谷田製菓

谷田製菓

日本一きびだんごでお馴染みの谷田製菓の製造ラインを見学。日本一きびだんごでお馴染みの谷田製菓の製造ラインを見学可能です。きびだんごは、創業以来変わらない伝統の作り方を守り、 味、品質は今でも変えず作りつづけています。要予約。

所在地 栗山町錦3丁目134

電話番号 0123-72-1234

見学料金 無料

見学受入人数 応相談

見学期間 平日

見学時間 9:00~12:00、13:00~15:00

http://www.kibidango.co.jp/information/detail.php?action=news&id=9

小林酒造

小林酒造

小林酒造は、創業明治11年の伝統を慈しみながら、生命の水を育み続けています。10名以上の団体に限り可能で記念館と蔵見学ができます。蔵内部の見学が可能です。

所在地 栗山町錦3丁目109

電話番号 0123-72-1001

見学料金 無料

見学受入人数 10名~

見学期間 月曜日~金曜日

見学時間 応相談

http://www.kitanonishiki.com/kitanonishiki/reservation/

スポンサーリンク

フォローする

この記事をお届けした
得北の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!